ゴミとして捨てたはずなのに盗まれた!

以前につきあっていた彼がスキーやスノーボードが大好きな人だったので、私も付き合い始めてからスノーボードを始めました。彼とうまくいっている間はよかったのですが、別れてからは、スノーボードにも全く興味がなくなり、用品一式が不用品となりました。傷がついていたり汚れていたりして、リサイクルに出すのも気がひけて、すべて捨てることにしました。
ウェア類やブーツは、普通にゴミ袋に入れて捨てることができたのですが、ボードだけは普通には捨てられません。市のホームページによると、ボードは粗大ごみ扱いとなっていました。市に問い合わせをしてみると、400円の粗大ごみシールを買って、ボードに貼って、約束した日時に約束の場所に置いておいてもらえば、市の回収車が持っていく、ということでした。そこで、何月何日の朝9時にマンションの入り口へ置いておく、ということにしました。私はその日、9時より少し前にボードを置いて出かけたのですが、しばらくして市の回収担当者から電話がきて、入り口付近を捜したがボードが見当たらない、と言うのです。具体的な場所を言いましたが、やはりないそうです。市の人が言うには、どうやらボードを欲しい人がちょうど見つけて、持って行ったのではないか、ということでした。そういうこと、時々あるそうです。だったらごみのシールを貼らずに置いておけばよかった!と内心思いましたが、市の人にそう言うわけにもいかず、腑に落ちないまま電話を切りました。ちょっと苦い思い出になってしまいました。